白髪染めレビュー日本一!!

ハゲに負けない!

 

 私は中学生の半ばくらいから、額が広くなっていきました。
結構なコンプレックスで、一時は外出する時も「今日は風が強いからいやだなー」なんていう具合でサポタージュしたくらいです。

 

ある意味、あきらめたり、もしかしたら奇跡が起こってある日突然、毛がはえはじめるかもしれない。20代の自分はそのくらいの感覚でいました。

 

しかし、結婚をして、自分や、妻や、妻の親戚たちに対しても責任を感じるようになったとき「このままハゲを容認してていいのだろうか?」という

 

素朴な疑問がわいてきました。こんな、無抵抗なまま、やられっぱなしで、今後生まれるであろう息子や娘に説明できるだろうか?と。「なんで、育毛シャンプーとか使わなかったの?」という素朴な質問に「面倒だったから……」では、すまされないような気がしてきたのです。ということで、私は、よくテレビなどで宣伝している。

 

高級シャンプーを使うようになりました。頭皮の脂が落ちている感じはよくわかります。これが増毛につながっていくことを目指して日々地道な努力を続けていきたいと思います。


このページの先頭へ戻る